レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略

レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。
レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。

 



レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略ブログ:26 9 2020

こんばんわです^^

10時から元気にでかけてきましたー!

実は一週間ほど前喧嘩しちゃって、今日でかけるのも中止に
なりそうだったんだけどね。


そういう時って、普通にして良いのか、どうしてよいのか・・・

色々頭の中で妄想。。。


そんなこんなで
今日は大切な日なんです♪


関係ないか(笑)


久々の美術館にテンションアップ♪

日頃たまに腕立て伏せをやるくらいだから、どっぷり
お疲れです。。。。

7キロ太った〜って気にして、PREEを
愛用している父。

間食とかりんご寒天にしてみよっかなー。

足クビが痛くなりそうで・・・不安。


でも、ぎこちないのも自然になくなって、やっぱ美術館は
いぃね〜♪

10時からだったから、ゆっくりできたのも良かったのかも。


天気は晴天だったけど、雨でも晴でも関係なしってくらい
楽しんでしまった。。。

フィンランドのパンフとかむやみにもらってきたり、難波を
ブラブラしたり〜

なんかね、ふっと昔のことを思い出した。


思いつきで、付き合って3か月くらいの時に旅行にでかけたことが
あるんだけど、なんか慣れてきたら、だんだん次はあそこ行きたい
なんて話もしなくなったなーって。


もうすぐ付き合って3年。

行きたいな〜ってもらったパンフのフィンランド旅行も
今は安くはなっていたけど、無理。。。

でも、旅行に久々に行ってみよっかなーって思った1日でした。