2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています

2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています


2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。




2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けていますブログ:09 8 2020

結婚して落ち着いた頃、
珍しく父から電話があった。

「そこの住所を言ってみて」
知らないはずは無いのに唐突に父が言った。

「うん、確かに間違いない」と
電話の向こうで母親との話し声が聞こえる。
「手紙を書いて送ったのに戻ってくるんだよ。
住所も間違いないし、どうしてなのか分からないから、もう一度投函してみる」
と言って電話が切れた。

数日後、新居のアパートの小さなポストに、
父からの大きな茶封筒が在った。

無事に届いたじゃないの…と思いつつ封を切ったら、
中から封筒に入ったままの手紙が出てきた。

「宛先にたどり着けない」という旨の朱色のスタンプが
白い封筒に色鮮やかに押されてあった。

「戻ってきたその手紙を送りましたので、何が間違っているのか見てください」
とメモが貼り付けてあった。

しばらくその手紙の宛先を見つめている内に、
おれはおかしさがこみ上げてきて、たまらず声を出して笑った。

とてもおかしいのに、涙も出て止まらなかった。
おれの宛名が旧姓のままだったのだ。

この日、届いたのは新しい姓で宛名も書いてあったが、
戻って来たと言う手紙には旧姓で書いてあった。
父と母親はそこに気が付かなかったようだ

長い間付き合った姓、
愛着があるのはおれも同じだったが、
子煩悩な父らしいと思ったり、
几帳面な母親らしくないと思ったり…

手紙にはおれが嫁いだ後の、父の病状の事、
そして田植えや農作業の近況が細やかに書いてあった。

結婚には反対だったが、
おれの幸せを願い、最後には祝福してくれた。

旧姓のままのむすめの宛名に
気が付かなかった父と母親に、
あらためて両親の気持ちを想い、遠く離れた事に気が付いた。
2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています

2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています

★メニュー

レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解
失敗をしてしまうことはほぼありえませんが、100%失敗をしないというワケではありません
コンタクトレンズを普段から使用している人の中でレーシックをしようか悩んでいる人も多い
失敗することがほぼ無いと言われているレーシック手術なのですが、クリニック選びは重要となります
手術代でまとまったお金が必要なレーシックですが、そのような手術代は安ければ安いほど誰もが嬉しいこと
安全と言われているレーシックですが、実際には非常に僅かな確率なのですが、感染症や合併症が起こっています
2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略
レーシックに注目が集まってきているその背景には非常に高い安全性というものが第一
生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合があります


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)短時間で完了!驚きのレーシック手術