生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合があります

生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合があります



生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合がありますブログ:03 1 2014


皆様は
体質の部位によって、
脂肪がつきやすいところとつきにくいところがあるのをご存知でしょうか?

体質の部位の中で
脂肪が最もつきやすいのは、ヒップだといわれています。

次にヒップの近くにある、腰に脂肪がつくといいます。
腰周りに脂肪がついてくると、
次のターゲットとして、多くの人が悩むウエストに脂肪がついてきます。

続いて、胸に脂肪がつくようになり、
その後大腿部に脂肪がついていきます。

次に、肩や上腕部といったいわゆる二の腕周辺に脂肪がつき、
最終的には、ふくらはぎが脂肪がつき出すといわれています。

減量を実践すると…
先ほどあげた脂肪のつきやすい順番とは逆に、
脂肪というのは落ちていくといわれています。

ですから、まず最初に
ふくらはぎについている脂肪が落ちていきます。

そして最終的には、
腰周りについている贅肉がなくなっていくという
メカニズムになっているらしいんですよね。

よく女性の方で
減量したはいいけれど、
落ちてほしくない胸が落ちていっている…という悩みを聞きます。

で、その割には
ウエストの贅肉はあまり取れないというわけです。

しかし上の順番で見ていくと、
胸の脂肪が先に落ちるのは自然の成り行きなんですよね。

もう少し我慢していれば、
必ずウエスト周りの脂肪が落ちてくるはずです。

女性の人は一般的に、
皮下脂肪がつきやすい体質であるといわれています。

皮下脂肪のほうが、
上にあげたような脂肪のつく順番というのは
顕著に出てくるそうですよ!

こういった体質のメカニズムを知っておくことも
減量には有利じゃないでしょうか?

生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合があります

生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合があります

★メニュー

レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解
失敗をしてしまうことはほぼありえませんが、100%失敗をしないというワケではありません
コンタクトレンズを普段から使用している人の中でレーシックをしようか悩んでいる人も多い
失敗することがほぼ無いと言われているレーシック手術なのですが、クリニック選びは重要となります
手術代でまとまったお金が必要なレーシックですが、そのような手術代は安ければ安いほど誰もが嬉しいこと
安全と言われているレーシックですが、実際には非常に僅かな確率なのですが、感染症や合併症が起こっています
2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています
レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略
レーシックに注目が集まってきているその背景には非常に高い安全性というものが第一
生命保険や医療保険などでは、レーシック手術をすることに対して保険金を給付してくれる場合があります


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)短時間で完了!驚きのレーシック手術