2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています


2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けていますブログ:12 9 2017


最近、僕はゴルフを始めました。

友人や仕事関係の人に会った時、
挨拶がてらに「ゴルフを始めた」と話しをすると
僕を知るほとんどの人が「意外だねぇ」と応えます。

昔、どんなに誘われても断り続けたゴルフ…
それが今では、時間を見つけては
打ちっ放しに行くまでになったのです。
それは、ひょんなことがきっかけでした。

幼稚園に通うムスコと僕とお父さん(ジジ)の
親子三代で出かけた時のこと…

ムスコが
「ジジはぼくのおじいちゃんだけど、パパのおじいちゃん?」
と聞いてきました。

どうやらムスコにとって
「ジジ(祖父)と僕(父)」の関係が
今ひとつわからないようなのです。

「ジジはパパのパパなんだよ」と答えると、
ムスコは不思議そうな顔をして
「ウソだよ。ジジはパパのパパじゃないよ」と言います。

やはり子供にとっては
少し難しいのかなと思っていると…

「パパはいつもボクと手を繋いでくれるのに、
ジジはパパと手を繋いでくれないじゃない?
ジジとパパが親子なら、なんでボクみたいに手を繋がないの?」
とムスコは半泣きになっているのです。

ムスコは
父母と子供は手を繋ぐもの…と感じたようです。

ムスコの泣き顔と孫の言葉に、
恥ずかしながらも僕とお父さんは手を繋ぎました。

何十年も繋いでなかったその手は、
ゴツゴツしたお父さんの手から
シワシワのおじいさんの手になっていました。

不思議と涙が出て来ました。
元気で頑固なお父さんも
本当におじいさんになってしまったんだなぁ…

そしてこれから先、
少しでもお父さんと一緒に過ごしたいと感じたのです。

日本酒も飲めない僕にとって、
これからお父さんと楽しく時間を過ごせるもの…
それがゴルフだったのです。


ミズノ株式会社の案内
https://cloudpack.jp/casestudy/098.html
ミズノ株式会社、今すぐ